和信化学工業・和信ペイント

和信ペイントについて
和信ペイント株式会社は、水性ニス(水性ウレタンニスを含む)や油性ニス、ウッドオイルを中心に様々な木部用塗料を扱っている家庭用塗料メーカーです。木目を活かした仕上げができるニス、ステイン、オイルフィニッシュ用塗料はいずれも透明性があり、有害物質を使わず身体に安全な天然原料を主体に、自然の樹脂と植物の成分を組み合わせた健康志向塗料となっています。

その安全性から屋内では家具などの実用品や工芸品、床などのフローリング、テーブルや子供のおもちゃなどに。屋外ではガーデン用品や木製ドア、木製遊具などに使用されることが多いです。

製品の容器には扱いやすい塗料用PET容器が採用されています。また塗料撹拌用ビー玉が入っていて容器を振るだけで塗料が均一に混ぜることができるなど使い勝手も非常の良いのが特長です。

和信ペイントの商品
次に、和信ペイントの商品をご説明しますね。
臭いが少なく、扱いやすい水性塗料の「水性ウレタンニス」は、木製家具に使える屋内用ニスとしてだけでなく、食品衛生法に適合しているので、菓子皿や箸などの食器にも使用できます。カラーバリエーションも豊富で、同じ製品同士であれば、混ぜて色を作ることができます。つや消しシリーズもあるのでシックでマットな仕上がりが楽しめます。

浸透タイプの木材保護塗料の「クレオパワー」「ガードラック ラテックス」は、防腐・防虫・防カビ・防蟻効果があるため、用途としてウッドデッキ、ラティス、杭、板塀、支柱、土台などにおすすめですよ。ガードラックアクアには豊富なカラーが揃っています。ガーデンやテラスを華やかに演出できますよ。

透明度の高い下塗り塗料の「ネオラックニス」は、木のヤニ止め、色のにじみ止めのラッカー塗料となります。釘などのサビ抑え効果があり、濃い色がつかず、透明に仕上がると定評があります。

油性の拭き塗り塗料の「ドアニス」は、塗膜が丈夫で耐水性・耐候性に優れているため、木製ドア、ドア枠、窓枠、格子などに適しています。飴色(ハチミツ色)の塗膜が、年数が経ったような深みを生み出し、落ち着きのある中光沢に仕上がるでしょう。

使い方・塗り方について
主な使い方はそれぞれ異なりますが、木材に使用する場合は表面の凹凸をサンドペーパーで研磨し、滑らかにしてから塗布することをお勧めいたします。

木材の下地処理が終わったら刷毛やコテバケを使って塗装します。広い範囲はコテバケを使うと効率よくムラなく塗装ができますよ。

塗料には水性・油性・水溶性・ラッカータイプなど数多くのお品がありますので、必ず当該製品の使用上の注意をご確認ください。

商品特塗布徴や使用方法、用途など、塗装・塗料全般でご不明点ありましたら、お気軽にご相談ください。

FAQ・よくあるお問い合わせ

Q:水性ウレタンニスとはなんですか?
A:水性ウレタンニスはウレタン樹脂を使用したニスのことで、水性ニスに比べて耐久性があります。そのため、耐久性が必要なテーブルなど実用品の塗装や遊具の塗料として使われることが多いです。

一方で水性ニスは水性ウレタンニスに比べると表面の強度は劣るため、鑑賞用の塗料として使われることが多いと言えます。

その他特長として、水性ニスを含めて臭いがほぼ無く、乾燥後は耐水性と耐久性を兼ね備えた仕上がりとなります。

水性ウレタンニスはカラーバリエーションも豊富でつや有り、つや消しもご選択できます。
Q:ニスはどのように選べば良いですか?
A:屋内で使うか屋外で使うか、実用品へ使うか観賞用の品に使うかを基準に選ぶと良いでしょう。

例えば屋外の木製ドアやガーデン用品へは油性ニスを使い、屋内では水性ニスを使う、実用品へ使う場合は耐久性が比較的高い水性ウレタンニスを使い、観賞用ならば水性ニスを使う…というケースが多いですね。
※油性ニスも雨ざらしの屋外で使用するとあまり長持ちしません。
※油性ニスの塗装中・乾燥中は溶剤集があるため、換気をしながら塗布してください。

和信ペイントのニスは豊富な種類が特長です。あなたに合った塗料が見つかるよう、私たちもサポートさせていただきます。是非不明点はご連絡くださいね。
pickup
前へ
次へ
625件中 1-200件表示
1 2 4